特徴・メリット 特徴・メリット

本展の特徴・選ばれる5つの理由 本展の特徴・選ばれる5つの理由

8月開催の意義 8月開催の意義
本展は、開催時期を8月に設定しています。産業展示会としてはあまり例を見ない
開催時期ですが、これには2つの大きな理由があります。
①授業が無い8月は、現場の先生方や教育委員会担当者など
教育行政に関わる方々が来場し易い。
②学校関係、特に教育委員会は、次年度の予算を前年の9月までに申請する。
教育関係者にとって8月上旬は、ICT導入を検討・最終決定する上で絶好のタイミングです。
この時期以降の情報提供は、9月中の予算申請に間に合いません。
目的意識の高い教育関係者が多数来場!
本展来場者は「他の展示会に来場したついでに見に来た」といった、いわゆる”流れ”の客層がほとんどなく、本当に目的意識を持った、ICTを現場に導入・利活用しようという意欲の高い方々が多くを占めます。また、全来場者の中で教育関係者が半数以上を占めており、同種の展示会と比較しても高い比率となっています。現場の先生方も多数来場されていますが、ICT導入の際には、実際に活用する先生方の意見が反映されるケースも多い為、非常に有効なプロモーションの場であると言えます。
主催・後援・協賛の充実 主催・後援・協賛の充実
業界団体+会場+地元テレビ局による主催構成。
後援・協賛にも中央省庁・自治体・教育委員会・業界団体等から
幅広くご支援を頂き、本展への動員・出展誘致に、ご協力頂いています。
豊富な告知量 豊富な告知量
大阪市営地下鉄の車内吊り及び駅構内での広告出稿を長期間行い、展示会開催の周知を広く行います。また、テレビ局が主催の一員であることから、テレビCMも多く放送されます。自社媒体以外にも新聞・インターネット等、幅広く宣伝活動を展開しており、“大阪の夏は『関西教育ICT展』”であることが浸透しつつあります。また、メディア露出の多さは、単に来場促進という側面だけでなく、教育分野へのICT活用が有意義であることを、広く社会に訴求する効果があると言えます。
費用対効果 費用対効果
出展料やその他の附帯経費は、大阪開催に見合った料金設定となっていますので、費用対効果に優れています。
事務局では施工費の効率化等につきましても、地元協力会社のご紹介等、随時、ご相談に対応させて頂きます。
多彩な関連セミナーによる来場者誘致 多彩な関連セミナーによる来場者誘致
ICT技術の教育現場への導入、活用事例など幅広いテーマをセミナー・パネルディスカッション・模擬授業などを通じて情報発信することで、出展者がターゲットとしている来場者を迎えます。

動員計画 動員計画

主催者からのダイレクトアプローチ 主催者からのダイレクトアプローチ
来場対象に向けて、DM発送やメール配信により本展示会の開催を告知します。また、主催者が保有する顧客データに向けても開催案内を行います。DM発送・メール配信予定:150,000部
マス・メディア マス・メディア
テレビ:テレビ大阪によるCMの放送。(15秒換算:200本以上予定)
交通広告:大阪市営地下鉄車内吊りB3ポスター
掲載誌:業界新聞等による告知。
教育ICT関連セミナーの実施 教育ICT関連セミナーの実施
会場内に複数のセミナールームを設置し、来場対象者に向けて数多くのセミナーを実施します。
後援・協賛団体による来場誘致 後援・協賛団体による来場誘致
関連自治体・教育関連団体職員の来場、並びに同団体からの
情報発信による来場誘致。
インターネット インターネット
公式サイト、Facebook等による情報発信。
関西教育ICT展事務局 関西教育ICT展事務局
(株) テレビ大阪エクスプロ
〒540-0008 大阪市中央区大手前1-2-15
TEL:06-6944-9918 / FAX:06-6944-9912
お問い合わせはこちら
プライバシーポリシー
COPYRIGHT(C) TVO EXPRO Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
プライバシーポリシー